ワサコレGPから最新トレンドを探る!

情報のご提供はTwitterからも!フォローお願いします!

2019年から2020年を跨いで行われた今回のワサコレGP。

キャンプイベントが同時進行されている為、
年末に行われた鳳凰杯ミキサー・福袋ガチャから高コストをゲットできたチームや、
SPSの強化待ちだったチームの後半の巻き返しが予想されましたが、結果はどうだったでしょうか。

日頃の成果が発揮されるのが、ワサコレGPという舞台ですし、ワサコレGPでランカー(TOP30)入りするのは、多くのプレーヤーの目標であり、ステータスとも言えると思います。

開催中は、ランカーチームのフォーメーションの内容が閲覧できる為、最新のトレンドを探る事も可能です。 今回の結果が良かった人も、思うような成果が出せなかった人も、次回のワサレコレGPに備えましょう。

スポンサーリンク

やり過ぎ新ミランフォメ(4-4-2AD)の乱立で人権問題勃発?!

今回のワサコレGP開催前から巷で騒がれてた、新ミランフォメ(4-4-2AD)
2019-20GCS ACミランの一部選手(ドンナルンマやピョンテク等の高コスト選手)に付いているこのフォーメーションの特徴は、「相手CF&OMF&CB&GKの全てのSPスキル一定確立で無効化」という、センターラインが沈黙してしまう特性と、自チームのCFのパラメータが実質300%アップになり、爆発的な火力を手にできる特性を備えており、一目でやり過ぎだと分かる内容になっています。

実際、今回のワサコレGPでランカー入りした30チーム中22チームが新ミランフォメを使用しており、
TOP10に関しては、全て新ミランフォメという結果となりました。

次に多かったのが、バティフォメ(3-4-3A5D)の4チームですが、昨年まで猛威をふるっていたこのフォメも、ランカー入りするには少し物足りないものとなってしまったようです。

もはや、このフォーメーションを持っていないと、ワサコレ民としての人権がないと言っても過言ではない?!程ですが、 逆を言えば、このフォーメーションさえ手に入れてしまえば、ワサコレGP上位進出も夢ではないと言えるかもしれません。

バックアップサポートで鉄壁の防衛ラインを目指せ!

2019-20GCS ユベントスのピンソーリョのユニークスキルで話題になった、「バックアップサポート(DF&GK)」。

「自身をサブメンバーで起用した場合、味方DF/GKスタメン内で一番コストの低い選手の守備でのデュエル勝率と、対象がGKの場合は、セービング成功率をアップ」

このユニークスキルの特徴は、重ね掛けと、複数選手への適用が可能な事です。
特に、複数選手への適用が可能というところが重要で、コストを揃えればDFとGKの全ての選手に効果を付与する事ができます。

今回のワサコレGPでも、DFラインのコストを揃えたチームや、ランキング上位者でも敢えてコストの低いGKをスタメンにしてディフェンス強化を図っているチームが散見されました。
失点が多くて悩んでいる方は是非採用したいユニークスキルです。

因みに、2019-20BLSからは、MFに対するバックアップサポートのユニークスキルも登場しており、今後はリザーブGKや、バンディエラに変わるものになっていきそうです。

バックアップサポートのユニークスキル保持者はこちらで確認できます。

SPS NATIONALでもランカー入りは夢じゃない?!

1/15まで開催されているSPS NATIONALキャンペーン。

有名な選手が比較的手に入りやすいこのレアリティ。
表記コストよりも実際は-2くらいのパラメータしかない?と話題になったり、 過去のSPS選手の傾向から、所詮は星5に毛が生えたレアリティで実際は使い物にならないという印象を持たれた方も多いと思いますが、侮るなかれ、今回のランカーの中でSPS NATIONALを多用し、しかも新ミランフォメは使用していない猛者がおりました。

詳しくは別途掲載を致します。ミキサーにかけるのは少し待った方がよろしいかと。

サイド攻撃 クロスからのゴラッソはもう古い?!

昨年のMVS以降、サイド攻撃からのクロス→アクロバット系ゴラッソも、話題になっていました。
実際に、ワサコレGPの得点ランキングには、MVSファンペルシや、ファルカオ等、アクロバット系のユニークスキル保持者がランクインしていましたが、残念ながら今回は0という結果に。
ゴラッソのユニークスキルはもはや当たり前になってしまったようです。
※決して使えないわけではありません。あくまでもトレンドではないという解釈です。

「RA」EXスキルと攻撃の起点系に期待!

驚いたのが、今回のワサコレGPの得点王がC32のモデストだったという事。
ライジング・サラマンドラ」という「RA」EXスキルを付ける事で大化けするのか、
新ミランフォメが必須なのか。

今回のBLSには「ライジング系」のユニークスキル保持者が多数いる為、「RA」EXスキルは是非とも獲得しておきたいスキルのようです。

また、まだ多くの情報がない「攻撃の起点」系のユニークスキルにも期待がかかります。
新ミランフォメ等の貴重なフォーメーションを持っていないプレーヤーも、一発逆転のチャンスがあるかもしれません。

さて、こんな感じで現在のトレンドをピックアップしてみましたが如何でしたでしょうか。

チョロこと、ディエゴ・シメオネは言っています。

「試合から試合へ」

情報のご提供はTwitterからも!フォローお願いします!

スポンサーリンク