ワサコレ ロッキングスキル図鑑 デュエル勝率アップ系

2020年10月20日

情報のご提供はTwitterからも!フォローお願いします!

ユニークスキル図鑑と題して、デュエル勝率アップ系のユニークスキルをご紹介します。FWはデュエル持ちでないと、すぐに刈り取られてしまいますし、逆にMF/DFはデュエル持ちでないとDFラインがザル化してしまう程、今のワサコレはデュエル全盛期です。

ユニークスキルには「金」・「銀」・「赤」がありますが、デュエル勝率アップ系はユニークスキルの表記内容が同じとなります。ですが、実際の効果は 「金」>「銀」>「赤」となります。

スポンサーリンク

Aile de Chevalier

自身を適正ポジション「赤」でスタメン起用。自身にランクSのEXスキルが付いている場合、自身の攻撃でのデュエル勝率アップ(EXスキルのLVは問わない)

GCS 2019-20 パリサンジェルマンの選手が保持

Coeur de acier

自身を適正ポジション「赤」でスタメン起用。自身にランクSのEXスキルが付いている場合、自身の守備でのデュエル勝率アップ、さらに自身はすべてのSPスキル無効化の対象にならない(EXスキルのLVは問わない)

GCS 2019-20 パリサンジェルマンの選手が保持

アイゼン・カメラーデン

スタメン同ポジション(FW/MF/DF&GK)内に「BLSレアリティ」の選手がいる場合、自身のデュエル勝率アップ。

アタッキングセンス(SB)

SBでスタメン起用時、自身が相手陣内にいる場合、自身の攻撃でのデュエル勝率アップ

エクストラ・アタッカー

自身にEXスキルが付いている場合、自身の攻撃でのデュエル勝率アップ(EXスキルのランク、LVは問わない)

エクストラ・ディフェンダー

自身にEXスキルが付いている場合、自身の守備でのデシュエル勝率アップ(EXスキルのランク、LVは問わない)

ガラスのエース

試合中の自身のデュエル勝率アップ。被ファイル時に受ける自身の怪我、大怪我の発生率アップ

サイドエクストラ・アタッカー

自身に相手サイドポジションのみを対象とするランクA以上のEXスキルがついている場合、自身の攻撃でのデュエル勝率勝率を大幅アップ(LVは問わない)

ニューフェイス(守)

自身は味方チームスキルの効果対象にならない。自身の守備でのデュエル勝率アップ

バックアップサポート(DF&GK)

自身をサブメンバーで起用した場合、味方DF/GKスタメン内で一番コストの低い選手の守備でのデュエル勝率と、対象がGKの場合はセービング成功率をアップ

バックアップサポート(MF)

自身をサブメンバーで起用した場合、味方MFスタメン内で一番コストの低い選手のデュエル勝率とパス成功率をアップ。

フリースタイル

味方チームが戦術の付いてないフォーメーションで試合を行った場合、自身のデュエル勝率アップ

ブンデスツァイト(攻)

味方チームが獲得している総エキサイトメントポイントの値に応じて自身の攻撃でのデュエル勝率アップ

ブンデスツァイト(守)

味方チームが獲得している総エキサイトメントポイントの値に応じて自身の守備でのデュエル勝率アップ。

ブンデスツァイト(全)

味方チームが獲得している総エキサイトメントポイントの値に応じて自身のデュエル勝率アップ。

ボックスストライカー

自身が相手ペナルティエリア内にいる場合、自身のデュエル勝率アップ。

ライジング・アンダイン

自身を適正ポジション「赤」でスタメン起用。自身に「RA」EXスキルが付いている場合、自身の守備でのデュエル勝率アップ、さらに自身は全てのSPスキル無効化の対象にならない(EXスキルのランク、LVは問わない)

BLS 2019-20 ボアテング、ヴァイグル等が所持

ライジング・サラマンドラ

自身を適正ポジション「赤」でスタメン起用。自身に「RA」EXスキルが付いている場合、自身の攻撃でのデュエル勝率アップ、さらに自身のゴール成功率アップ(EXスキルのランク、LVは問わない)

BLS ヴェルナー、モデスト等が所持

ライジング・シルフィード

自身を適正ポジション「赤」でスタメン起用。自身に「RA」EXスキルが付いている場合、自身のデュエル勝率アップ。さらに自身を対象としている全パラメータダウンを大きく軽減(自身のみ/EXスキルのランク、LVは問わない)

BLS 2019-20 フォルスベリ等が所持

ライジング・ディフェンダー

自身に「RA」EXスキルが付いている場合、自身の守備でのデュエル勝率を極大アップ(EXスキルのランク、LVは問わない)

BLS 2019-20 アカンジ等が所持

ワンダーアタッカー

自身がDMF/DF/GKいずれかで試合に出場した際、その中で自身のコストが一番低かった場合、オフェンス、テクニック、パワー、スピードのパラメータダウンの対象にならない。さらに攻撃でのデュエル勝率アップ

ワンダーディフェンダー

自身がDMF/DF/GKいずれかで試合に出場した際、その中で自身のコストが一番低かった場合、ディフフェンス、テクニック、パワー、スピードのパラメータダウンの対象にならない。さらに守備でのデュエル勝率アップ

粉骨砕身

試合中の自身のデュエル勝率アップ。被ファイル時に受ける自身の怪我、大怪我の発生率アップ

闘争心

試合中の自身のデュエル勝率アップ。相手選手に与える自身のファイル発生率とイエローカード、レッドカードを受ける確率アップ

情報のご提供はTwitterからも!フォローお願いします!

スポンサーリンク