「これ当たりですか?」にワサコレWikiがずばり答えます(前編)

2020年10月20日

情報のご提供はTwitterからも!フォローお願いします!

Twitterや掲示板、オプチャ等で良く見られる、「これ当たりですか?」投稿。

そして、大抵の場合、「フォメ晒せや」、「チーム構成によりますな」、「自分で試すのが面白いんじゃないでか?」等、明確な答えが得られないまま他の投稿に埋もれていく。。こんな光景をよく目にします。

分かります。分かりますぞ!両者の気持ちが!!

奇跡的に引く事ができた高コスト選手に気持ちが高まるも、外れ高コストなんではないかという一株の不安。
猛者に「おめです!それ当たりです!」と一言言ってもらえれば、リーグポイントを使いきって即極化からの、限界突破、なんなら+も移植する心構えはできているのに!!

一方、なけなしのボールでドリームに挑むも、コスト40の壁を破れず、「当たり報告してる奴は運営やろ!」と、心が荒みまくっている中の、「これ当たりですか?」投稿。
「なんやねん。こいつ。自慢したいんか。」という怒りの感情が「おめです!」という文字入力を拒否してしまう。本音は羨ましいんやで・・・。

誰も悪くない。全部KONAMIが悪いんです。

そこで!!

2020年上半期はとっくに終わってしまいましたが、「これ当たりですか?」投稿に、Wiki的にずばり回答したいと思います!!

そして、当たりの基準は、リーグやGPで使えるかどうかにしたいと思います。
あくまでWiki管理人の見解ですからね。そこんところヨロシク!

スポンサーリンク

★シリーズで当たりは、あのユニスキ持ちのみ!

ユニークスキルが登場し、さらに、ロックスキルなんていうワクワク要素まで追加してしまったワサコレ運営ですが、面倒くさい事に★シリーズにも漏れなく適用されています。
そして、ユニークスキルが全部ロックスキルだった日には、ワクワクが止まらず、「これ当たりですか?」投稿が散見されるわけですが、残念ながら、★シリーズで使えるのは、「バックアップサポート」持ちの選手だけだと断言したいと思います。もっと厳しく言えば、GP上位で★シリーズを使っているチームはほぼありません。
なぜなら、「バックアップサポート」は既に希少価値がなくなっていて、他の高レアリティの選手にも付いていますし、「アナライザー」が登場した現在、限られたベンチ枠に「バックアップサポート」を重ね置きする余裕がなくなっているからです。

但し、プレミアからSプレミアを行き来しているチームであれば、★5なら即戦力になる選手もいると思います。Wiki的にはこんな選手が当たりだと思います。

自己能力アップ系ユニークスキル持ち

高コスト&EX S-Skillの入手難易度からハードルが高いですが、「プレミアム〇〇」系のユニークスキル、
同じように入手難易度が高い、RA EX-Skillを要する、「ライジング〇〇」系のユニークスキル。
これらは、自身のデュエル勝率や、ゴール成功率をアップしてくれるユニークスキルなので、単体でも活躍が期待でき、★レアリティの選手でもスタメンにしやすいと思います。

例えば、C46のモハメドサラーさんが降臨したとしても、残念ながらクロップ監督のような笑顔になれないわけです。それであれば、C39のメルテンスさんの方が良いというWiki的判断となるわけです。

縁の下の力持ち系ユニークスキル持ち

リーグのレベルが高くなるほど、★シリーズの使い道がなくなるわけですが、今だ希少価値の高いユニークスキルをお持ちの選手もいます。
それは、「ストラテジスト」と「老成円熟の〇〇リーダー」ではないでしょうか。
ストラテジスト」は、相手のチームスキルレベルを下げてくれる効果があります。ここのところチームスキルによるパラUPのインフレが著しい傾向にありますので、
Wiki的には今後重要度を増してくるのではないかと睨んでおりますよ。
※但しキャプテンに設定しないといけないのが痛いんですよね。

それと、「老成円熟の〇〇リーダー」。その名の通り、ベテランプレーヤーしか持つことが許されていないユニークスキルですが、味方のパラメータを2倍にアップしてくれるという優れものです。
例えば、★5リベリさん。左サイドが主戦場でC40、ネームバリューも抜群ですが、正直攻撃の主力としては計算できません。

Wikiであれば、フォーメーションを右サイドカウンター系をチョイスし、左サイドにリベリさんを配置、「老成円熟の〇〇リーダー」を発動させる為だけに使用します。
リベリさんは不満でしょうが、致し方ありません。これが戦略ってやつです。

「無効化無効」系ユニークスキル持ち

最近のフォーメーションでは当たり前のように付いている、「SPスキル無効化」ですが、「〇〇の極意」持ちであれば、無効化の対象外となるので、怖くありません。
Wikiが★レアリティをスタメン起用するなら、このユニークスキル持ちを優先起用したいですね。
因みに先に挙げたメルテンスさんも「トリックシュートの極意」持ちです。

BDRで当たりはコンダクト持ちだけじゃない!!

バンディエラ(以下BDR)の当たり選手は、言わずもがな「コンダクト〇〇」持ちの選手でしょう。中でも「コンダクトガーディアン」、「コンダクトアタッカー」、「コンダクトサポーター」の効果は未だ絶大です。
このユニークスキル持ちは、コストが低くても所持しておくべき当たりカードだと言えます。


ただBDRの凄さはそれだけではありません。先に挙げた、「老成円熟の〇〇リーダー」持ちもいます。そして何といってもスーパーサブの効果が凄いんです。


今回のNDSアルゼンチンで「サブシュチュエーション」というユニークスキルが登場しましたが、今後、スーパーサブの重要性が見直されるのではないかとみています。
コンダクト持ちじゃないと、一瞬頭に血が上りますが、落ち着いてS-subスキルを確認しましょう。なければカラフルミキサー直行です。

TOPのユニークスキルは優秀!!攻撃の軸にすべし!!

TOPの登場により脚光を浴びるようになった「組織的攻勢」。今では最重要ユニークスキルのうちの1つとしてカウントして良いと思います。そんな「組織的攻勢」ですが、TOPの選手は所持率が非常に高いです。
組織的攻勢」発動の条件として、同ユニークスキルを持った選手が複数人必要になりますので、コストが低くてもこのユニークスキル持ちは保持しておいた方が良いです。


TOPの選手の中でも以下の選手は、ユニークスキル構成が素晴らしく、当たりと言って間違いないと思います。
因みに、TOPのDFは全員当たりです。スタメンに2名配置するだけで相手のパラメータを最大60%ダウンしてくれますので、絶対にミキサーにかけちゃ駄目ですよ。

そして、「低弾道シュート」も忘れてはいけません。このスキルがあれば、低コスト選手でもシュートが宇宙開発しなくなります。

まとめ

★レアリティが使えるのはプレミア上位チームまで。ストラテジスト等のポイント使用は有効的。
BDRに限らず、コンダクトアタッカー、コンダクトガーディアン、コンダクトサポーターはコストに限らず当たり選手として保持しておくべき。BDRはS-subが優秀なので要チェックです。
TOPの注目スキルは「組織的攻勢」と「低弾道シュート」。DFは2人同時起用で本領発揮する。(連携)

GP上位になればなるほど、スキルの特定とフォーメーションを上手く組み合わせてチームを構成しています。その為、どのチームも似たような構成になってきて、それがトレンドとして広く知れ渡る事になります。

底なしにガチャが出来る人は、トレンドを追うのが強くなる近道だと思いますが、ほとんどがSプレミア昇格やSプレミア上位を目標としている層だと思います。

どのスポーツでもそうですが、勝負に勝つ方法は、「自分の特徴を活かしつつ、相手の特徴を消す」事だと思います。この考えをワサコレにも上手く変換できれば、チームが必ず強く出来ると思います。ドヤッ!!

そんな事も踏まえつつ、後編はMVS、NDS、GCSに触れて行きたいと思います。

ありがとうございました。また読んでね。

情報のご提供はTwitterからも!フォローお願いします!

スポンサーリンク